リベラシオン。

これが、リベラシオン。普通のネコ。
本名は知らないが、そう呼ばれている。
通称リブ。女の子。たぶん。(^^;


リベラシオン(liberation)とは、フランス語で「自由・解放」という意味。



視線を感じてふりかえると、こんな感じでじっと見てたりする。



リブは太り気味。あちこちで「もらい食い」してるらしい。



リブはその名のとおり自由きまま。ウチにも時々来る。
気分次第。あちこちの家の庭で平気でくつろいでいる。



首輪と鈴がついてるから、どこかの飼い猫なんだろうけど。
でもリブには「飼われている」自覚はないようだ。たぶん。



以前、某所の禅寺で、座禅で同席したフランス人の女性に、
「悟り」とは、フランス語で何と言うのか?とたずねたら、
ちょっと首をかしげて「リベラシオン!」と言ってました。


正式なフランス語訳は知りませんが「悟り=リベラシオン」
なるほど。リブは何かを悟っているのかもしれない。



少佐は自由きままなリブがうらやましくて仕方ないらしい。
いつもこうやってリブが通り過ぎるのを小窓から見ている。


 Zzz…